ばんのう酵母くん開発者の吉野博士と!

みなさまからのご質問に吉野丈夫がお答えします No.1

Q.
株式会社アーデンモアはどんな会社ですか?
「ばんのう酵母くん」はどんなふうに開発され、どうやって造られているのか
教えてください。これは化粧品なのですか?

A.
いろいろご質問ありがとうございます。できるだけ分かりやすく、簡潔にお答えしたいと思いますが企業戦略上オープンにできない点もありますので、あらかじめご了承ください。
株式会社アーデンモアは、昭和55年に創業致し以来28年にわたり、【健康と美容を通して世の中の役に立ちたい】という考えのもと、営業を続けてまいりました。
弊社の経営の基本は、「独自の考え方・独自の技術・独自の製品開発」という
オリジナリティにあります。
このオリジナリティの源泉は、社長であり生理学博士でもある吉野丈夫です。
全ての製品開発、波動療法・フェイシャル技術「整顔(せいがん)」の開発に携わり、
また、現代医療の問題点を指摘して代替案を出しているのも吉野です。

化粧品は、吉野が処方したものを4つの協力会社で製造しております。全てきっちりと
化粧品登録を行っておりますので、ご安心ください。
健康食品につても、研究・開発者は吉野です。そして、2社の医薬品メーカーと1社の食品製造業者が協力会社となっております。薬種問屋から原料を調達し、食品会社で原料からの抽出を行い、最終工程は医薬品メーカーというパターンです。
「ばんのう酵母くん」は、雑品として販売しております。医薬品でも医薬部外品でも
化粧品でもありません。500円という低価格で多くの皆様に使っていただきたいという思いと、製造のノウハウをオープンにして、劣悪なコピー商品が出回ることを避けたいという思いから、敢えて雑品として販売しております。
ただし、原料は水、タンポポ根、ヨモギ葉、塩だけですから、安全性には全く問題ありません。保存方法は、常温で十分です。未開封のものは、常温保存であれば、最低でも3年は雑菌の繁殖や腐敗はありません。

最後にちょっとだけ自慢させてください。私がタンポポ根とヨモギ葉の効能に着目したのは、27年も前のことです。これを利用した製品を次々に開発しながら、27年の時をかけて、私の中で熟成して誕生したのが「ばんのう酵母くん」です。
「ばんのう酵母くん お役立ち情報」に登場している方々は、全員美容室の先生やスタッフの方々です。個別の美容室訪問などの営業は一切行わず、全てダイレクトメールだけでご紹介をしてまいりました。そして昨年10月のスタートからこの3月末までに、1都9県で既に589店の美容室様とお取引をさせていただいております。
これは、私にとってもまさに驚きです。「ばんのう酵母くん」のパワーは、予想以上のものがありました。今後も続々とお取引サロンが増え続けていくことでしょう。

みなさまからのご質問に吉野丈夫がお答えします No.2

Q.
「ばんのう酵母くん」を使っているうちに、少しずつ色が変わってきて、黒くなってしまったのですが、どうしてですか?このまま使って大丈夫でしょうか?

A.
「ばんのう酵母くん」は生きています。
微生物の中には、空気を好む好気性菌と空気が嫌いな嫌気性菌がいます。「ばんのう酵母くん」の中にいる酵母菌と乳酸菌は、空気が嫌いな嫌気性菌が主体です。開封して使い続けているうちに量が減ってくると、嫌いな空気に触れる割合も増えてきます。その時に、原料のタンポポヨモギ液に戻ってしまうことがあります。
また、ダッシュボードの中など車内に置きっぱなしにしておいても、同様のことが起きます。これは、高熱で「ばんのう酵母くん」の中の酵母菌・乳酸菌が死んでしまったためです。
未開封で常温保存であれば、長期間生き続けますが、特に高温やキャップの開け放しには弱いので、ご注意ください。
ある程度色が濃くなってしまっても、「ばんのう酵母くん」特有の香り(ちょっぴり柑橘系で森林浴しているようなさわやかな香り)のままであれば、そのまま使用して大丈夫です。タンポポ根とヨモギ葉を煎じた原液の臭いに戻ってしまった時は、お風呂に入れるなどしてご使用ください。
また、「ばんのう酵母くん」の容器の先端が、口・鼻の粘膜や地肌に直接触れる状態を繰り返すと、場合によっては雑菌がいたずらして腐敗臭がしてくることがあります。この場合は、すぐにご使用を止めてください。
ご使用の際には、必ずポトポトと滴下してお使いになり、色が変化してきたら、香りに注意していただくと良いかと思います。

みなさまからのご質問に吉野丈夫がお答えします No.3

Q.
「ばんのう酵母くん」を効果的に使うために、どのようなことに注意したら良いですか?

A.
「ばんのう酵母くん」の酵母や乳酸菌は生きものです。そして、空気を嫌う嫌気性菌が主となっています。したがって、なるべく空気に触れないよう、キャップを開けたままにしない方が良いでしょう。
また、水道水の塩素にも弱いので、浄水した水やミネラルウォーターに入れて飲用した方が良いでしょう。
歯磨きに使用する場合は、「ばんのう酵母くん」単独での使用がお勧めです。どうしても歯磨き粉をご使用になりたい場合は、歯磨き粉で磨き、よくすすいでから、後から酵母くんを使用してください。(歯磨き粉の界面活性剤で酵母と乳酸菌が死滅する恐れがあります)
温度の上限は70〜80℃です。温かい飲み物に加えて飲む場合は、少し冷ましてから「ばんのう酵母くん」を入れてください。冷蔵や冷凍の状態でも、酵母も乳酸菌も生きていますが、保存には常温がベストです。